ページを選択

エンターテインメントテクノロジー分野で長年の経験と知見を携えた経営陣が、 イノベーションの活性化、ビジネスの推進強化、理想的なワークカルチャー構築のために社員と一体となり経営にあたります。

john batter

John Batter

ジョン・バター

CEO 最高経営責任者

Gracenoteの音楽・映像・スポーツ・自動車事業の業績推進と戦略構築等、経営業務全般を統括。

前職では、ドリームワークスアニメーション社とテクニカラー社のジョイントベンチャーであるテレビ・映画のストリーミングサービス『M-GO』を創業しCEOを務めました。M-GOは現在NBCU傘下のFandangoに買収されています。

M-GO社以前は、ドリームワークスアニメーション社の制作部門社長として、プロダクション、ポスト・プロダクション、技術及び製作資金管理を統括。在任中には『シュレック』『マダガスカル』などの代表作を世に送り出しました。

Electronic Arts社でゼネラルマネージャーを務めていた時期には新しくモバイル部門を起ち上げ、ゲーム機専用に展開していたビジネスを当時成長めざましかったモバイル分野にも拡大し成果をあげました。

南カリフォルニア大学マーシャルスクール・オブ・ビジネスでMBA取得。カリフォルニア大学バークレー校で学士号取得。

mike novelly

Patrick Gildea

Chief Financial Officer

Patrick is Chief Financial Officer of Gracenote responsible for leading the finance and accounting teams and overseeing all finance functions including strategy and planning across the company’s business verticals.

Prior to joining Gracenote, Patrick served as VP and Head of Business Operations at NBC Universal’s FandangoNOW. There, he led the formation of the company’s new Home Video division, which grew from Fandango’s acquisition of M-GO, a digital TV and streaming movie service. Patrick was responsible for the business operations of the division, which included oversight of the roadmap, content acquisition and merchandising, business development and strategy.

Previously, Patrick served as CFO and Head of Business and Corporate Development for M-GO, where he led the sale of M-GO to Fandango in 2016. Prior to this, he was CFO at two separate companies in the e-commerce space, Group Vice President of corporate development at Blackhawk Network, a subsidiary of Safeway Inc., and ran corporate development at IC Media, where he helped raise three rounds of venture capital and sold the business to a large international partner.

Patrick earned a Bachelor of Science, Accounting from The Leventhal School of Accounting at the University of Southern California and a master’s equivalent Certificate in Japanese from the School of Comparative Culture at Sophia University in Tokyo, Japan. Patrick is a licensed CPA (inactive) in the State of California.

ford goodman

Ford Goodman

フォード・グッドマン

CRO 最高売上責任者

最高売上責任者として、全事業5部門における世界各国の営業活動を先導し、戦略的セールス、事業間連携の最適化を推進します。

オラクル社在職中にはでデータ品質兼エンタープライズデータ管理の北米担当VPとして、3年足らずで9000万ドル以上の成長を達成。同社がデータクオリティ企業2社を買収した際には北米地域の統合戦略と実行を担当しました。

これまでに数十億円規模のデータ企業でグローバルセールスチームを指揮してきた実績があり、前職では世界トップクラスのソフトウェア及びデータ企業であるInformatica社のワールドワイド戦略テクノロジー部門SVPを務めました。

またVCからの投資をうけスタートアップ2社の起業に関わり、そのうちRelevance TechnologiesはDocumentumに買収されました。また、テクノロジー、コミュニティ、教育等の委員会で委員を務め、Aspen InstituteではHenry Crownフェローを務めています。プリンストン大学卒。

richard cusick

Richard Cusick

リチャード・キュージック

CPO 最高製品責任者

最高製品責任者として、全世界で展開するGracenoteプロダクトの開発と納品を担当します。前職では、Tribune Media Service(TMS)ビデオ部門のゼネラルマネージャーを務め、2014年のTribuneによるGracenote買収後はTMSとGracenoteが合併し、新生Gracenoteビデオ部門のゼネラルマネージャーを務めました。

以前は、Yahoo!社のエンターテインメント及び女性のライフスタイル部門のVPとしてオリジナルコンテンツ数を2倍以上に増加。CBSとのパートナーシップによる新たなエンターテインメントプロパティのローンチも指揮しました。

Gemstar-TV Guideを買収したRovi Corporation社在職中には、統括経営、戦略プランニング、ビジネス開発などを担当し、デジタルメディア部門のSVPとして、2年でトラフィックを40%向上させ年間オンライン売上を2000万ドル以上増加させました。

ハーバード大学で学士号、ケンブリッジ大学で哲学修士号、オハイオ州立大学でJDとMBAを取得。

atul phadnis

Atul Phadnis

アトゥール・ファドニス

Chief Content Officer

Chief Content Officerとして、ビデオ・音楽・スポーツ全部門のコンテンツ編集を担当するグローバル組織を統括し、グローバルコンテンツ戦略の策定、既存のコンテンツデータ提供の拡大などを担当します。

前職ではインド及び中東最大の映像データ提供社What’s-ONの創業者兼CEOを務め、2014年にGracenoteがWhat’s-ONを買収したことにより現職。What’s-ONでは、Sequoia CapitalやIntel Capitalからの資金調達を成功させEPGデータとTV番組検索の分野でマーケットリーダーの地位を確立しました。

What’s-ON創業以前は、視聴率定量化のために設立されたニールセン・インディアとKantar Media ResearchのジョイントベンチャーTelevision Audience Measurement Research (TAM) で副社長を務めました。

現在、インドのBroadcast Audience Research Council (BARC)でテレビ視聴率技術委員会の委員を務めます。

steve scherf

Steve Scherf

スティーブ・シャーフ

CTO 共同創業者 兼 最高技術責任者

共同創業者 兼 最高技術責任者として、Gracenoteのエンジニアチームを統括しスケーラブルなプラットフォームの開発や業界最先端の技術開発を牽引しています。

1995年、PC上でCD再生時に曲情報を表示するCD認識技術CDDBを共同開発。CDDBはクラウドサービス初期の代表的なサービスの一つとなり、世界で多数のユーザーが利用する音楽情報データベースとして人気を獲得。CDDBはGracenoteの主要サービスとしてApple iTunesや初代iPodの普及に貢献しました。

Gracenote創業以前は、シリコンバレーの数社で開発チームを統括し、フォールトトレランス(耐障害性)、オペレーティングシステム技術開発を行っていました。Stratus Computer社では、ディスク I/O サブシステムの設計と開発に携わりました。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校で数学と生物学の学士号を取得。World Technology Networkフェロー。

brian hamilton

Brian Hamilton

ブライアン・ハミルトン

音楽・自動車部門ゼネラルマネージャー

音楽及び自動車部門のゼネラルマネージャー兼SVPとして、次世代型音楽ソリューションや自動車インフォテインメントシステム向け音楽ソリューションの開発、そして主要自動車メーカーやサプライヤー、音楽エンターテインメント企業などとの関係構築を牽引しています。

2000年にGracenoteに入社以来、さまざまな役職を担当。特にGracenote日本法人の代表取締役社長兼APACゼネラルマネージャーを務めた期間は、日本、韓国、台湾などAPAC地域での事業を構築し、アジアの主要OEMとの取引で当社の自動車事業の飛躍的な拡大に貢献しました。

その後、ワールドワイドセールス及びマーケティング担当SVPとして、年間収入1億米ドルを達成。音楽、ビデオ、自動車3部門合計のセールスパイプラインを200%以上向上改善しました。

2008年のソニーによる当社買収の際にも重要な役割を果たしました。ソニーとの共同エンジニアリングプロジェクトを推進し、「市場初」機能として当社技術の搭載を実現し、ソニープロダクトやビジネスグループのパフォーマンス向上に貢献しました。

simon adams

Simon Adams

General Manager, Video

Simon is General Manager, Video responsible for working with the top cable, satellite and OTT providers in the world and extending Gracenote’s already market-leading position in TV, movie and digital first video metadata.

Simon has more than 20 years of digital media experience across licensing, product, marketing and sales. Prior to Gracenote, Simon held a number of leadership positions at Rovi Corp. Most recently, he served as Senior Vice President of Worldwide Licensing, the company’s largest business unit, where he helped drive Rovi’s international expansion efforts and developed new market opportunities in mobile, CE and the cloud. Previously, as Senior Vice President, Marketing & Sales, Simon successfully grew Rovi’s data business by 25% in less than two years and owned relationships with the company’s largest Tier 1 customers.

Earlier in his career, Simon worked in general management, product and marketing roles for U.K. based subsidiaries of Thomson and Philips and headed the global product and marketing for well-known audio brand Celestion. He also co-founded a mobile and fixed line communications start-up, Pathfinder Telecom.

Simon graduated with Honors from the City University, London with a BS degree in Electrical & Electronic Engineering. He also served on the Board of Directors for a joint venture between Rovi and Dentsu, the third largest advertising agency in the world based in Japan.

eric anderson

Eric Anderson

エリック・アンダーソン

ビデオ・パーソナライゼーション部門ゼネラルマネージャー

ビデオ・パーソナライゼーション部門SVP兼ゼネラルマネージャーとして、パーソナライズド・テレビに特化したプロダクトをスマートテレビ、放送局、ネットワーク、ケーブルサービス向けに開発します。

前職は、Samsung Electronics社でサムスン版の映画・音楽・TV番組ストリーミングゲートウェイ「Smart Hub」などのSmart TV推進事業を担当。先進的な音楽・映像ストリーミングサービスとの関係強化を実現しながら、アクティブ率82%で有料会員を1000万人以上に増やしSmart Hub事業を成長させました。

Ericsson、Handango、Accentureで役員を務め、EricssonではEricsson Global Services Americasの起ち上げに関わり、モバイルコンテンツとサービスプラットフォームを開発。

ボールステイト大学でマーケティング広告学の学士号及び情報コミュニケーションサービス学の修士号を取得。同大学情報コミュニケーション科学センターの諮問委員も務める。

noah fischbach

Noah Fischbach

ノア・フィッシュバック

スポーツ部門ゼネラルマネージャー

スポーツ部門ゼネラルマネージャーとして、スポーツ事業の戦略方針とファン体験を拡張するデータドリブンなソリューションの開発を担当します。

ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)で数々の職務を担当し、システムのデジタル化や次世代型の選手分析ソリューションの実現に貢献しました。リーグのデジタルビジネス、プロダクト管理、NFL.comのコンテンツ編集、ファンタジーフットボールプラットフォームのリニューアル、グラウンド上で選手をトラッキングするNFL初となるソリューションの開発など、さまざまな事業を実現しました。

またFOXSports.comでは、プロダクト開発のディレクターとして一連のインタラクティブゲームをローンチしマルチスクリーンコンテンツ体験を創造。ソニー・ピクチャー・エンターテインメントではプロダクト担当SVPを務めました。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで修士号、ジョンズ・ホプキンス大学で学士号を取得。スポーツエミー賞で2度のノミネートを果たしています。

ginger bushell

Ginger Bushell

ジンジャー・ブッシェル

ビジネス開発・戦略部門SVP

ビジネス開発・戦略部門のSVPとして、戦略的ビジネスディールの推進と新規ビジネスの営利化を担当しています。

前職では、ドリームワークス・アニメーション社とテクニカラー社によるTV/映画ストリーミングサービスのジョイントベンチャー「M-GO」でビジネス開発戦略のSVPを担当。M-GO初となるスタジオ制作コンテンツのライセンス契約の交渉で重要な役割を果たし、プラットフォームに映画ストアや4K配信をもたらしました。

M-GO以前はテクニカラー社で、ケーブル会社やハリウッドスタジオとの関係構築にグローバルセールスチームの主要スタッフとして貢献するなど、複数のシニアリーダーシップ職を担当。数十億規模のグローバルセールスオペレーションも担当。

ペンシルバニア大学ウォートン・スクールでMBA取得。コルビー・カレッジで学士号取得。

andy heinz

Andy Heinz

アンディー・ハインツ

セールス部門SVP

セールス部門SVPとして、データとコンテンツ認識技術のライセンシング営業を統括。

前職は、2014年のGracenoteとの合併以前のTribune Media Service(TMS)でセールス部門VPを担当。多くのMVPD(マルチ・ビデオ・プログラミング・ディストリビューター)との契約を世界中で成立させ、会社に収益成長をもたらしました。

TMSでセールス部門トップに昇進する以前は、ゼネラルマネージャーとして「On Entertainment」プロダクトの実現に中心的な役割を果たし、業界標準のデータとして米国の有料テレビ事業会社に採用されるなど広く認知されました。

有料テレビ、OTT、家電メーカー、テクノロジー企業との20年以上に及ぶ協業から業界に精通し、多くの知見をGracenoteにもたらし貢献しています。

graham mckenna

Graham McKenna

グラハム・マッキーナ

VP マーケティング コミュニケーション

マーケティング コミュニケーション部門VPとして、ブランドの認知向上と、すべての事業に関わる社内外のコミュニケーション全般を担当します。

ソニー傘下時代の2010年にGracenote入社以来、Tribune MediaによるGracenoteの買収を経て、Gracenoteによる7社買収からスポーツ部門起ち上げに至るまで、これまで一貫してGracenoteブランドの構築に尽力してきました。

前職は、ジョージ・ルーカスが設立したエンターテインメントテクノロジー評価企業のTHX Ltd.でコミュニケーションを担当し、LG、TiVo、Fordなど家電・自動車メーカーとのパートナーマーケティングを推進。Fordチームとの密接な協業で自動車インフォテインメントシステムに大変革をもたらしたFord Syncのローンチに携わりました。

カリフォルニア・ベイエリアの広告PR代理店数社に勤務した頃には、スタートアップ企業やサムスン、NetGear、SkyGo、TSMCを含む大企業のコミュニケーションやコピーライト作成に携わり、Addy賞やSummit賞など国内外の広告賞で受賞しています。

linda schomaker

Linda Schomaker

リンダ・ショーマッカー

人事担当VP

人事担当VPとして、当社のHR業務を担当する傍ら優秀人材の獲得に尽力しています。

買収合併を経て8組織からなるGracenoteを統合し共通のHRプラットフォームに移行、全グローバル・オフィスの従業員向けポリシーや福利厚生の一本化を行いました。

マネージメント変革や社員エンゲージメントなどの取組みに強く、長い経験を有するHR業務のスペシャリストです。DoubleClick社では人事ディレクターとして総合的な社員評価システムの導入を行いました。Masonic Home of Californicaでは、最高人事責任者を務めました。

サンフランシスコ州立大学で産業組織心理学の修士号、カリフォルニア大学バークレー校で英語学士号を取得。

sal karottke

Sal Karottki

サル・カロツキ

法務担当VP

当社の法務部門を率い、知的所有権、プライバシーやデータセキュリティ、商取引、M&A、企業コンプライアンス等、企業法務全般を担当。Gracenoteの親会社であるTribune Media Companyの知的所有権担当弁護士も務め、Tribuneの多岐にわたる知財ポートフォリオを管理し、買収や訴訟に関わる問題を担当します。

2014年のソニーからのGracenote買収時には重要な役割を果たし、GracenoteによるWhat’s-ON、Baseline、HWW、Enswers、SportsDirect、Infostrada Sports買収の際には適正評価や法務手続きを指揮してきました。

知財・ビジネス訴訟を専門に扱うシカゴ拠点の Glodberg John 法律事務所にアソシエイトとして勤務し、それ以前にはSidley Austinでアソシエイト勤務していました。

デューク大学ロースクールでJD取得。米特許庁登録の米国弁理士資格所有。米国知的所有権法協会、メディア法律リソースセンター、シカゴ弁護士会会員。