ページを選択

GracenoteのACR技術がより正確ですばやいTV番組・映画の認識を実現しユーザー・エクスペリエンスを向上

2014年10月2日 – 米国ニューヨーク – エンタメ・マーケティングとリワードプラットフォームのViggle、NextGuide、Wetpaintなどのブランドを提供するViggle Inc. (NASDAQ: VGGL)はGracenoteとの協業体制の拡大を発表し、音楽コンテンツの認識だけでなくTVや映画の分野においてもGracenoteのACR技術を採用することとなりました。Gracenoteの Entourage™ ACRを活用することで、Viggleが提供するサービスの利用者は観ている番組を今まで以上にすばやく正確に特定することができ、ViggleアプリやVigglestore.com 内で換金できるポイントを番組視聴と引き換えに獲得することができます。

Viggle アプリ内で、Gracenote Entourageのシステムがモバイルやタブレット内蔵のマイク経由でTV番組の音声を「聞く」ことにより番組を特定しています。番組を特定するとViggleは番組画像や番組情報を表示しますが、それらもGracenoteのデータベースから提供された情報を活用しています。Viggleユーザーは番組を視聴するたびにポイントを獲得できます。またViggleは番組の内容や進行とシンクロしたクイズやアンケートなどもアプリ内で実施することで、ユーザーに追加的なポイント獲得の機会を提供。ViggleアプリはiOS版、Android版、Windows版が無料でリリースされています。

Viggle Inc.のCOO Greg Consiglioは次のようにコメントしています。「Viggleのプラットフォームには現在700万人のユーザーが登録しており急成長しています。数千人のユーザーが日々加入しており我々はユーザー体験の向上ために最良のテクノロジーを設置していると確信したい。Gracenoteとのテクノロジー協力関係の拡大は、ユーザー、TVネットワーク局各社、広告パートナー企業に対する我々の約束実行と、エンターテインメント・マーケティングとリワーディングプラットフォームの成長に寄与するものと考えています。」

今日、Gracenoteデータベースは一日あたり6.5億、ひと月あたり200億ものクエリを処理する世界最大のトラフィック量を誇るエンターテインメントデータソースです。Viggleは、急速に数を増やすユーザーベースと、増加するTV番組、音楽、映画とのマッチングに対応するためにGracenote Entourageを採用し迅速かつ効果的にそのオペレーションの拡大に成功しました。

GracenoteのMusic 部門及びAddressability部門のゼネラルマネージャー Eric Allenは次のようにコメントしています。「Viggleとの関係は、Gracenoteがいま注目のエンターテインメントプロダクトやサービスをユーザーに提供するために価値のある技術であることを示す素晴らしい一例です。世界トップクラスの音楽とTV/映画メタデータとACR技術が合わさることで、エンドツーエンドなソリューションと信頼できるインフラの提供ができ、それがViggleの急成長に役立っていくものと考えています。」

現在GracenoteはViggleに対し音楽認識、TV番組認識、映画認識、そして各TV番組の詳細データと連動したTV番組表を提供しています。2011年11月、ViggleはGracenote MusicID® を採用しユーザーが流れている音楽を特定するとポイントを与えるサービスを開始しました。 Gracenoteと合併する以前のTribune Media Service (TMS) もViggleに番組表、VOD情報、画像等を2012年のローンチから提供していました。Tribune MediaによるGracenote買収とTMSとの合併により、Gracenoteは音楽・TV/映画の認識技術とメタデータの両方を提供できる企業となりました。

Viggle Incのプラットフォームは、TV視聴、広告視聴、音楽リスニングの行為にポイントを授与するViggleアプリ、パーソナライズTV番組ガイドとお知らせ機能配信のNextGuide、エンターテインメントニュースとソーシャル出版のWetpaint、獲得したViggleポイントでデジタルダウンロードができるViggle Storeなどから成り立っています。2014年7月、Viggle Inc.はトータル2250万リーチを達成。トータルリーチとはViigleアプリの会員登録者の総数とWetpaintメディアのサイトにアクセスした月間ユニークユーザー数のトータルです。

Viggleについて
Viggleは、アプリによるTV視聴や音楽ディスカバリー体験にポイントを授与するリワーディングプラットフォームです。Viggleプラットフォームは、2014年7月に700万人の登録者数を含む2250万人のトータルリーチを達成。ViggleユーザーはTV視聴や音楽リスニングによりこれまで全体で1900万ドル近くを換金しています。ユーザーはViggle Storeでポイントの換金が可能。エンタメとセレブのニュースを配信するWetpaint、ユーザーの見たいTV番組や映画を探してリマインダーをセットできるテクノロジーNextGuide、企業がデジタルコンテンツを既存のリワーディングシステムに利用できるマーケットプレイスプラットフォームとマーケティングとセールス戦略につながるロイヤリティプログラムを提供するChoose Digitalなども提供しています。詳しくは、www.viggle.com をご覧下さい。またツイッターアカウント @Viggle もご覧下さい。

Gracenoteについて
Gracenote, Inc. は世界の代表的なエンターテインメント・プロダクトに音楽・TV/映画メタデータとテクノロジーを提供しています。2億曲をカバーする音楽データと65カ国以上でTV番組表データを提供する世界最大のエンターテインメント・メタデータ量に支えられた音楽・TV/映画の認識技術は業界標準となっています。Tribune Media Company (OTC:TRBAA)の子会社として米国カリフォルニア州エメリーヴィルに本社を置き世界各国でビジネスを展開しています。 下記サイトもご覧下さい。

公式サイト:www.gracenote.com
Twitter:@GracenoteJapan
Facebook:www.facebook.com/gracenotejapan

Gracenote is a registered trademark of Gracenote, Inc. All other names are trademarks and/or registered trademarks of their respective owners.
Gracenoteは、Gracenote, Inc.の登録商標です。その他の名称は各企業の商標または登録商標です。

This press release may contain forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended, and as defined in the U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1995. These forward-looking statements involve inherent risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from those projected or anticipated. All information provided in this press release is as of the date of this release. Except as required by law, Viggle Inc. undertakes no obligation to update or revise publicly any forward-looking statements, whether as a result of new information, future events or otherwise, after the date on which the statements are made or to reflect the occurrence of unanticipated events.

本プレスリリース記載の内容には、1995年私募証券訴訟改革法の免責条項に基づき、1933 年米国証券法第 27A 条または 1934 年米国証券取引所法 21E 条(いずれも修正後)に該当する「将来の見通し関する記述」が含まれており、これら将来の事象に関わる記述についてはリスクや不確実性が含まれており、実際の成果や業績などは、記載の見通しとは異なる可能性があります。ここに記載されたすべての情報はプレスリリースが配信された時点でのものとなります。法律で求められる場合を除いて、Viggle Inc.は、本プレスリリースの日付時点でここに記載された将来に関する記述について新たな情報や将来の事象等の結果としてこれらの内容を見直し更新する責任を負いません。

###